症状の軽い花粉症だと少し気になる程度で、特に対策をしない方は要注意です。近年では花粉の散布量も増えているので、以前より症状がひどいケースも考えられます。辛い目に遭う前に事前の対策をしっかり行いましょう。

  • ホーム
  • 花粉症にネギが効果的な理由と性皮膚炎に似た症状

花粉症にネギが効果的な理由と性皮膚炎に似た症状

花粉症の症状が悪化すると、喉に痛みを感じたり痒みを感じて不快な様子に悩まされるという方は多いものです。
初期段階は、花粉症が要因の鼻づまりだけが起こっていたのにも関わらず、時間の経過とともに他の病気も引き起こしてしまう恐れもあるため、注意深く様子をみていく必要があります。
そもそも、花粉症によって喉が痛んだり痒みを感じるようになるのは、鼻づまりが生じることにより無意識的に口呼吸に切り替わってしまい、喉が乾燥状態に陥るためです。
結果的に粘膜が損傷してしまい、痛みを感じるというメカニズムなのです。
具体的な症状としては、まるで風邪に見舞われた時のような不快感が継続するといった印象です。
ウイルス性の場合は、咽頭部に対して直接的に薬剤を噴射するような製品で対処することができるのですが、花粉症の場合は粘膜にウイルスが付着しているわけではないので、こうした対策を講じることはできません。

そこで好ましいのは、ネギを中心とした食生活に切り替えるということです。
ネギというのは、身体の中に損傷している部位がある場合にピンポイント的に修復することができる効能があるのです。
つまり、花粉症によって喉が傷ついている場合はネギを食すことにより、修復することができるという仕組みです。

また、性皮膚炎によく似ている症状が見受けられることもあるので注意が必要です。
それは、扁桃腺の近くに存在している部位に花粉が付着してしまうことにより、酷く咳き込んでしまうというものです。
咳き込むと体力を大きく失ってしまう上に、咽頭部から血が出てしまう恐れもあるため注意しなければなりません。
口呼吸による唾液の分泌量が減少していることが要因なので、意識的に水などを飲用しましょう。

関連記事