症状の軽い花粉症だと少し気になる程度で、特に対策をしない方は要注意です。近年では花粉の散布量も増えているので、以前より症状がひどいケースも考えられます。辛い目に遭う前に事前の対策をしっかり行いましょう。

  • ホーム
  • 意外と知られていない花粉症の季節とは

意外と知られていない花粉症の季節とは

花粉症といえば春先の杉の花粉が思い浮かぶ人も多いと思います。
実際に春先は杉だけではなくいろいろな草花が花を咲かせて花粉を飛ばす季節ですし、テレビなどの天気予報でも花粉情報のコーナーがあったりと全国的に花粉に対する注意が高まっている季節です。
しかし花粉症は春だけのものではありません。

夏や秋にもアレルギーを起こす花粉などが空気中に漂っているので、春先はなんでもない人が夏や秋になるとなは水などがひどくなるというケースもよくあるのです。
夏の花粉症の主な原因は、イネ科やキク科の植物によることが多くなります。
イネ科ならばカモガヤやハルガヤといった植物で、キク科ではブタクサやヨモギなどの花粉がアレルギーの原因になります。

また正確には花粉ではないのですが、夏の時期はダニやゴキブリといった昆虫類も活発に活動する季節です。
蛾やユスリカなどの昆虫アレルゲンや梅雨の時期から夏にかけては特にカビやダニが多量に発生する環境なのでそういった目に見えない菌が空気中を漂ってアレルギー症状を起こることがあります。

花粉症の症状を抑えるためには、マスクなどの対策の他にも部屋の空気をきれいにしておくことが大切です。
湿気が多い環境だとダニやカビが増えてしまいます。
また夏場はエアコンを使うと思うのですが、エアコンはカビやダニなどが多量に発生している可能性があるので、こまめにフィルターなどを掃除する必要があります。
またエアコンは床に落ちているカビやダニの死がいなどを部屋中に拡散してしまうこともあるので、掃除機をマメにかけたりするなどの対策が花粉症の症状をやわらげてくれる効果があります。
きれいに掃除をすることが花粉症の症状の改善の基本です。

関連記事